バイクの買取査定では車両の基本的な価値やコンディションに応じて買い取り価格が決まりますが、バイクの場合には中古車で購入する際には転倒した車両は敬遠されてしまう傾向があります。転倒車はトラブルや故障が起こりやすいのがバイクの特徴ですから敬遠されてしまうのですが、コンディションによって買取額が決まるため転倒したバイクでも買い取りは可能なのです。もちろんコンディションなりの買い取り価格となってしまいますが、バイク買取りでは動かなくなったバイクでも買い取りが可能です。事故車や不動車でも買い取りが可能となりますが、あくまでもコンディションにより買取額が決まるため、ほとんど査定が付かないケースも出てきます。中古車として価値があると判断されればコンディションが悪くても査定は付きますが、廃車や部品取り車としてしか使用できないバイクは査定額も下がってしまうと言えます。基本的には廃車になるようなバイクでも解体して中古部品として販売できますので、余程のことがない限り廃車費用を負担せずに売却することが可能です。買い取り価格に関してはコンディションが関係してくるため査定を受けてみなければわからない部分が多いため、悩むよりも先に査定を受けることが大切です。