売却しようとしているバイクに故障個所がある場合、査定に出す前に修理をした方がいいのか、そのままでいいのかと悩んでしまうものです。
もしも、その故障個所が自分で調整や整備をすることで直る範囲のものであれば、もちろん直した方がいいでしょう。
しかし、故障個所を直すために新しくパーツを購入する必要があったり、専門の業者などに頼まなければいけないなど、少なからず費用がかかってしまう場合は話は別です。
なぜなら、その故障個所を直して査定に出したとしても、故障個所を治すためにかかった費用の方が査定額よりも高くなってしまう可能性が高いからです。そうなると高額買取どころか手元に入ってくるお金はマイナスになってしまいます。
バイクの買取は確かに状態がよければそれだけ高額査定は期待できるのですが、中にはこのようなケースも十分にあり得ます。
ですから、売却前に気になっている故障個所があるのであれば、バイク専門店などに持ち込んで、その故障個所を治すためにどのくらいの費用が掛かるのかを聞いてみることです。
そして、その費用を自分のバイクの買取価格の相場などと比べて、故障個所を直すかどうかを決めるようにすれば損をすることはないはずです。