キズがあっても売れる?

| 未分類 |

バイクの買取は近年では頻ドラム繁に行われているサービスです。普通自動車だけではなく、バイクの分野でも中古車販売が勢いづいてきています。バイクの世界にも中古車と専門に取り扱う業者が存在しており、全国的に取引が行われています。そこには中古車の取引相場が生まれ、中古車市場と相場が成熟していくのです。
そのため殆どの車種については、現物を見るまでもなく車種と年式と走行距離で大体の買い取り上限額が決定します。中古車市場の相場というのはかなり汎用的に用いられており、自動車保険関係での車両保険で算定される車両の価値なども中古車市場に連動しているのです。そのためバイクを売却する際にも同じ経過を辿ることになります。
そこでキズの問題が出てくるのですが、原則的に何らかの損傷がある場合には買い取り価格にマイナス査定されることになります。エンジンなどに影響のある大きな損傷の場合には車両としての価値を喪失することもありますが、多少の損傷があると言うだけで売却不可能になるということは一般的に起こり得ません。しかし買取には買い取り上限額というものがあり、そこから損傷を理由にした減額が行われるのは避けることが出来ないでしょう。