バイクを売る際には、免許証などの本人確認書類や印鑑のほかにいくつかの書類が必要になりますが、バイクの排気量により必要な書類が異なりますので注意が必要です。
排気量が125cc以下のバイクの場合は標識交付証明書が必要になります。また126cc以上250cc未満の場合は軽自動車届出済証が、250cc以上の場合は車検証が必要です。これらの書類は必ず用意しなければいけないものですので、紛失してしまっている場合は、標識交付証明書なら市区町村役場、軽自動車届出済証や車検証については管轄の陸運支局などで再発行してもらうことができます。またバイク買取り業者によっては、これらの書類の再発行を代行してもらえる場合もあります。ただし業者に再発行を依頼する場合は委任状が必要です。
なおバイクを売ろうとしている人と所有者が異なる場合には、所有者が売却者に対して名義変更手続きの一切を委任する旨記載した委任状が必要になります。この委任状には印鑑証明書に登録された印鑑がつかれている必要があり、印鑑証明書も共に提出しなければいけません。また知人に譲渡してもらった場合などで車検証などの名義が異なる場合は、車検証に登録されている名義人を証明するための免許証などのコピーも用意しておく必要があります。